山号(さんごう)は南林山(なんりんざん)と冠しています。
浄土真宗本願寺派法雲寺は正徳元年(1711)の8代目住職のときに南福崎へ来たといわれています。現住職林﨑淳英は18代目となります。
浄土真宗本願寺派第8代門主 蓮如上人の木像、書物を中心に歴史的資料を多数所蔵しています。
このことから蓮如上人ゆかりの寺として、毎年4月24日・25日に法要がお勤めされ、数年前まで、さまざまな露店が出て〝れんにょさん"の愛称で現代版マルシェのように盛大に開催されていました。
これは明治以前から続いていたようです。露店はなくなりましたが、今も同じ日に蓮如上人の法要をお勤めしています。
また、早くから「お講」があり明治の頃は西本願寺へ徒歩でお参りに行っていました。
法雲寺では今も毎月2回 2日と16日に開催しています。
そして川越町亀崎 地区では「亀崎説教所」にて毎月第2日曜日に「お講」が開催されています。

 

 

当寺についての諸事は、お気軽にお問い合わせください。

 


名宝

( 過去帳 表紙 )

所蔵聖教

「正信偈和讃(色本)」 書写本

「安心決定鈔(本)」 書写本

「正信偈大意(異本)」 書写本

「御文章」 証如上人判

「御俗姓御文」 蓮如上人自筆本

「御文章」 蓮如上人自筆本

ほか


住職 林﨑 淳英 (はやしざき じゅんえい)


1992年3月 三重県立川越高校  卒業

1997年3月 龍谷大学 文学部 真宗学科  卒業

1998年3月 中央仏教学院  卒業

1999年3月 勤式指導所  修了

2005年3月 本願寺名古屋別院(西別院) 退職

2007年7月 法雲寺 住職

 


ホーム  お問い合わせ  交通アクセス