07日 10月 2019
今日、障子(しょうじ)の張り替えをしました。最近ではお寺に限らず一般家庭でも、和紙障子ではなく、ガラスやカーテンなどに取って代わっております。当法雲寺も順次和紙の障子からプラスチック製の紙に似た製品に張り替えております。 この製品は和紙の障子より寿命長いのと熱効率がいいです。DIY工務店にいったら住職が望むちょうど良い製品にであいました。 わたしの技術不足か、和紙みたいに、ぴんと貼ることはできませんが、昔ながらの紙からみえる格子のシルエットを残したいと考え、日々頑張っております
08日 7月 2019
先月、当法雲寺で初参式をおこないました。15名の子供達に集まってもらいました。すこやかに育つよう願っております。ご参拝いただきありがとうございます。
総会 · 07日 4月 2019
本日 当法雲寺がある川越町南福崎の仏教婦人会で総会がおこなわれました。事業報告・計画だけでなく、大正琴や会員様からおかりした絵画などの力作がならびました。お陰で大勢のご参拝となりました。ありがとうございます
27日 7月 2018
今年も夏休みお経の練習「夏休みぷち寺体験」を終えさえていただきました。予定の日程より2日短い7月23日(月)から27日(金)までの5日間となりましたが、地元の育成会・仏教婦人会の方々がこども達が熱中症にならないよう工夫していただいた結果、無事修了させて頂いたことに感謝です。
21日 6月 2018
今日、浄土眞宗(西本願寺)の御門徒さまから四十九日法要をして欲しいとのお電話でのご依頼がありました。 私は電話中に、「お電話頂いた方のお葬式を執り行なったのかな?」と考えておりました。実際、、当寺院でお葬式を執り行っていなく、初めてのご縁での四十九日法要のご依頼でした。よくお聞きすると「葬儀会社の紹介でお坊さんを頼んだけどお葬式をするだけで、あとは、依頼された僧侶の放置」という内容でした。 ご遺族が悲しみのなか、せめて葬儀だでもお寺さんを紹介してほしいとのおもいをもっているご遺族がおられるのは、十分承知です しかしご遺族が支払いになられた御布施はどのようになったのか、私にはわかりませんが、せめてお寺の仏さまにお供えしていただいておれば、と願いつつ、最終的にご遺族の四十九日法要をお受けしました。
23日 2月 2018
最近、海外の方からのご相談が増えております。海外在住の方は行動範囲や言語の違いに全く、とまどいがなく、驚かされます。 私(住職)はお寺からの行動範囲はせいぜい半径40㎞くらいです。 距離と時間の感覚は私にはおいつきせんが、ご要望には費用や距離に係わらず。極力お応えいたします。      
15日 11月 2017
この絵の裏には昭和37年11月とある。 前住職、興城が21歳のときに描いた。 不倒 ・・・  ・・・ 再不倒 とある。  再不倒・・ お経には阿弥陀如来さまによって、私たちは地獄に落ちることのない不退転の位に就くことができると説かれている。 とかくこの世で転ばないよう踏ん張っ生活している私たちであるが、生を受けているいじょう何回も転ぶことが許される。ともとらえることもできる
20日 10月 2017
親鸞聖人のご命日は1月16日(旧暦11月28日)です。当 法雲寺では報恩講(おとりこし)を12月3日にお勤めしております。各御門徒さまのご自宅にも年に一度、11月から開祖 親鸞聖人の恩徳を讃え、あわせて皆様のご先祖さまに感謝するよう、お勤めにまわらせていただいております。 この時期たいへん忙しくなりますが、仏教にご縁のない方、または御新規さまもご連絡をおまちしております。 ぜひ京都 本願寺にも親鸞聖人の御正忌報恩講にもお参りいたしましょう。 詳しくは 法雲寺まで! ※写真は昨年12月3日に撮影しました
08日 10月 2017
先月末 造園会社様に庭木の剪定をしていただきました。おかげさまで境内があかるくすっきりしました。
27日 8月 2017
8月もあと少しですね。私は約1ヶ月いろいろな事情でひとりでお寺にいました。ひとりのお寺での生活はお掃除したり、スケジュール管理したり、電話の応対をしたりとなかなか大変です。ときにはゴミの日にゴミを出せなくて落ち込んだりしてますが、何とか生活してます防犯カメラもつけたりして(笑)。 それにしても30年前は婆ちゃん、父・母・兄妹で5人で生活してたのがなつかしい。そういえば数年まえは2ヶ月だけペットの犬(タク)だけでお寺を守ってくれてたことがあった(笑)タクさんに感謝。それにしても、独りでの生活は小さい出来事だけど、法雲寺の歴史のなかで、まれにみる事じゃあないかな(笑)

さらに表示する

ホーム  お問い合わせ  交通アクセス